Feed on Posts or Comments

勧誘 Nasrin on 2007年1月6日 10:13 pm

資格・資格二次商法

主な被害者:20~40代の男・女
勧誘媒体:電話(テレアポ)

資格商法は、いかにも簡単に資格が取れる、国家資格になるなどの内容で電話をし、執拗に勧誘して、高額な講座や教材を契約させるものです。別名「士(さむらい)商法」とも言います。不景気ななか、万が一に備え資格を取っておきたい、自己実現のために資格を取りたいという心理につけ込んで、かなりしつこく勧誘してきます。利用される主な資格は、司法書士、行政書士、電気主任技術者、宅地建物取引主任者、一般旅行業取扱主任者などで、公的資格のものが多いようです。業者名も、公益的な団体と混同するような名称が多いです(例:消費生活情報センターなど)。また、資格二次商法は、以前資格の講座や教材を契約した人に、契約の継続を主張をしたり、資格商法の勧誘が多い人に、リストから削除してやるなどと虚偽の事実を述べて、金銭を騙し取るものです。この手の電話は、会社にも平気でかけてくるので、注意が必要です。

■資格商法の勧誘文句

「経済産業省の指導の元…」

…だそうです。じゃあ、実際に経済産業省に問い合わせてみましょうか?仮にそうだとしても、それがどうした?って感じですが。

「あなたが国家認定の○○○○(資格名)のメンバーに抽選で選ばれました」

国家資格のメンバー(?)って時点で?な感じですが、しかもそれが抽選で選ばれたって…人をバカにするのもいいとこです! ところで、その抽選っていつどこで誰が主催したものなんでしょうか? たぶん、そんなものはないと思いますけど…

「あなたは全国から選ばれた○○○人の中の1人です」

いつ、どこで、誰が、どんな方法で、どのようなリストから選んだんでしょうか?ってか、この手のセリフはいかにも特別扱いされてるような気がしますが、実際は全員にこのセリフを浴びせてます。それよりも、勝手に私を選ばないでくれ…

「今日が申し込みの締切り日です」

考える隙を与えずに、すぐに契約させる時のセリフ。しかし、次の日になっても、今日が締切日だと言われる。

「○日までにお金の方を振り込み、もしくは、分割の手続きを…」

上に同じく、すぐに契約させてすぐにお金を頂いてしまおうという業者の戦法。悪どい事がバレる前に振り込んでもらわないと、業者の利益も上がったりですからね…

「あと申し込みされていない方はあなただけですよ」

なんか、申し込みしないと損をするかのような気がしますが、別にそんな事ありません。必要ないなら、断りましょう。ちなみに、申し込みをしているのは、ごく1部です。(日本人はこの言葉に弱いらしい)

「毎月1万円程度で済みますよ」

毎月1万円程度…1年12万円…3年だとしても36万円。た、高い…で、結局総額はいくらなんでしょうか? まぁ傾向として、10万円は軽く越えると思います。

「よろしければ仮契約として、あなた様の名前を登録させていただきます」

おいおい! 勝手に登録(契約)させるなっての! だいたい、あなたたちの会社に仮契約なんて存在しないでしょう? 恐ろしい事言わないで下さいね。素直に契約させていただきます、と言えばいいのにね。(あ、そんな事言ったら契約してもらえないか(^^;)

「受講するだけで資格が取れます」

講座を受講するだけで資格が取れたら、みんな苦労しませんって。必死で勉強して、講座もしっかり受けても、合格できないものだってあるんだから。一体、どんな講座なんだ!?

「うちの講座の受講生は100%合格してますよ」
「うちのシステムを利用された方はほとんど合格されています」

「受講するだけで資格が取れます」に同じ。しかし、100%合格とかほとんど合格ってスゴイですね。ってか、そんなわけあるかい!あったとしても、受講数1人とかでしょ。それならありえるかも…

「資格を取ったら、当社の紹介する支援制度によってかかった費用が全額返還されます」

は? それなら最初にそんな○○万円も支払う必要ないですね。ってかそんな制度があるのに、どうやって儲けているんですか? 絶対合格しない自信があるから、そういう制度があるんですか? もしかしてケンカ売ってます?

「もうすぐ国家資格になります」

あ、そうなんですか?一応、担当省に問い合わせてみましょう。

「~~年度の試験から○○(論文、面接等)が復活するので受験するなら今です」

ふーん。なんで知っているのかな? 情報元はどこでしょうか? あんまりバレやすい嘘はやめたほうがいいですよ。資格試験センター等のサイトを見ればそんなのすぐ分かりますよ。特定の企業だけにそういう情報が行く事はまずありません。公平性が保たれませんからね。

「国が広く公的機関に呼びかけて、○○○○(資格名)の資格を得られるようにしたもので…」

そもそも国が国民に資格を取らせる為に、公的機関に呼びかけなんてしますか? よく考えればかなりの大嘘だと分かりますが、かなりもっともらしい事言ってますね。それ以前に資格なんてのは、自ら取りたいという意思を持って勉強して取るものですから、国が薦めたっていらないものはいらないんですよ。それとも、国が資格の押し売りでも始めたのかな?(^^ゞ

「政府の意向で来年度より企業に○○○(資格名)を常駐させることになります」

そんなニュースや通達は全く耳にしてませんが。なんなら、その政府とやらに確かめてみましょうか? ってか、常駐させる事と私がその資格を取る事と何の関係があるんでしょうか?

「全国○○名の○○○(資格名)を試験免除で認定する措置を申請することができます」

資格で試験免除を申請するには、ある条件を満たさなければなりません。なのに、人数限定とか特別とかで免除云々言ってる時点でおかしすぎます。何も考えてない事がバレバレです。一体どこにどんな申請をするのかな?

「(資格を取得できれば)国が仕事を保証してくれる」(内職商法とセット?)

だったら、今の失業率5%ってのは何なんでしょうか? 国が仕事を保証してくれるなら、失業率なんて概念は存在すらしないような気がしますが…ちなみに、今の時代は資格なんて意味ないように思います。ほとんど実力主義だしね。

「資格があれば断然有利です」

今の日本は実力主義ですので、はっきり言って資格なんてあまり役に立ちません。実際に結果を出さなければ意味がありません。資格は、持ってれば手当てが出る所もありますが、持ってるからすごい人だとは限りません。もちろん、有利でもありません。若い人なら、多少は影響があるかもしれませんが。

「○○○(資格名)の報酬は法律で決められていて、確実に収入を得られます」

じゃあ資格取ったら何もせんでもえーやん。がんばろー…ってなんでやねん! どの法律で決められているのでしょうかねぇ? まぁどうせ口から出任せやろうけど。本当なら教えてほしいなぁ、その法律を。

「分からないことはフリーダイヤルで担当の先生に質問できる。高い受講料には、電話代と仕事の補償料金が含まれている」

!?フリーダイヤルなのに、お金取るんですか?なんて非常識な会社だ。仕事の補償料金って事は、紹介されなかった時は返金されるんですね。でも、そんな事してたら、倒産しちゃいますね。だって、仕事なんて存在しないし…

疑問点を質問した時「郵送する書類の中に全て説明がありますので参考にしてください」

なんですか。電話じゃ答えられないんですか? そんなに難しい質問しました? ってか、質問に答えずに資料郵送して契約させるつもりですか? 郵送してくる資料でも疑問点が解消されなければ、また電話しますよ。いいんですか? ものすごい質問責めしますよ(笑)

■資格二次商法の勧誘文句(以前の契約会社と勧誘者は全く別物の場合が多い)

「以前契約された資格がまだ取得できてませんね」

で、あなた(勧誘者)は誰ですか? 以前契約した会社以外の会社がそんな事言うのはおかしいと思いますが。ってか、取れてなくて悪かったな!余計なお世話だ!

「以前受講した講座は、○○○○(資格名)に合格するまで終了できない」

なぜ合格するまで終了する事ができないのですかね? 講座の契約規約などにはそんな事書かれていないと思いますが。逆に、試験の合格不合格に関知していないのが一般的のようです。(要は金払って講座受けてくれればそれでいいって事) で、なんで私の受講しているものとか知っているんですかね?

「古典的パターンによる(他の同業他社の)悪質な被害の事例が余りに多いので…」

最近のカモリストには、資格(二次)商法にひっかかった人の情報も流れているんですね。でないと、わざわざこんな事をひっかかった人に言わないもんね。で、被害が多いから~するってのは、電話で言うとかえって怪しまれないか?

「今度違う会社がこの講座を受け継ぎ、今終了しておかないと今後これからも受け継いだ会社から電話がかかってくる」

じゃあ、引き継いだ事を証明する事項を書面にてこちらに郵送していただけませんか? こっちはサービスを受ける側だから、これは確認しないとね。あ、同意してないから同時に契約書とか送ってこないでね(^^; 送ってきても契約しないから。

「講座を継続するなら○○万円、解約するなら○○万円必要です」

おいおい、どっちを選んでも6桁の金額…究極の選択とはこの事ですね。もちろん、私なら3つ目のどっちも選ばない(0円)を選びます。

「リストから削除しますから、手数料として○○万円が必要です」

なんでリストから削除するだけなのに、6桁の金額が必要なのか?全く謎である…ちなみに、これを支払っても削除されるどころか、かえってカモリストに入れられてしまう。いやぁ、恐ろしい…

「当社の厚生労働省の給付金対象の教育訓練コースを受けて、それですっぱり終わりにしてください」

すっぱり終わりにならないから困ってるのに…ところで、その教育訓練コースで受講するにはいくつか制限がありますが、私がその制限でひっかかったらどうするんですか? まさか、一般受講しろとは言わないですよね(^^;

「今回この講座を受講してもらえれば、講座は修了したことにしておきます」

おいおい! 「しておきます」ってあんたにそんな権限あるのか? あったとしても、あなた同業他社でしょ? そんな独断で無責任な事言わないでほしいですね。あなたの中だけで修了になっても仕方ないんだから…

「勧誘ではありません。あなた達を悪質勧誘から守る所です。お金を払えとかじゃありません」

応援してくれてありがと…ってアホかお前は! 勧誘じゃなかったら何の電話ですか、これ? 励ましの電話ですか? なんで悪質勧誘があるって分かるんですか? どう考えても同業他社やん。

■断った時の勧誘(脅迫?)文句

「1度登録した内容の変更・削除はできない」

なぜ登録内容を変更できないのでしょうか?どうせ、コンピュータで管理してるんだから、そんなの簡単ですよね。はっ、まさか手書き(しかもボールペン)で紙に書いて登録しているとか!?

「自分の意思で資格取得を約束したでしょ。自分の言動の責任を取るのは社会人として当然」

だいたいの人は、ほぼ無理やり約束させられたんですよ。そんな非常識な契約の取り方は、人間として最低です!

「小学生でも約束は守りますよ」

無理やりされた約束は、小学生もお手上げです。もちろん、無理やり契約させられたものも、契約通りとはいきません。ってか、そんな脅迫めいた事言ってる時点で、営業(勧誘だからOK?)として最低です。

Comments are closed.

Trackback This Post |


Sitemap