Feed on Posts or Comments

Monthly Archive3月 2007



悪徳商法 & 勧誘 Nasrin on 2007年3月21日

マルチ商法会社の処分

とあるマルチ商法の会社に行政処分が下されました。http://www.meti.go.jp/press/20070320003/shobun-set.pdf
↑経済産業省サイト内のpdfファイルです。

主な内容は以下の通りです。

  • 嘘をついた勧誘(誰でも100万円稼げるとか)
  • 勧誘目的を隠した勧誘(何で呼び出したか言わない)
  • 適合性違反(サラ金から無理やり借金させる)
  • 書面不交付(契約書面を渡さない)

まぁ昔から誰でも稼げるなんて言われてるわけですが、
実際に稼げてる人は何人いるんでしょうね。
それを明確にしない限り、マルチの未来は暗いと思います。
公開したところで明るくなる要素が少ない以上、
今よりイメージがよくなることはないとは思いますが…

また、サラ金から無理やり借金させているところは、
非常に悪質ですね。事例4では、勧誘者がお金を貸してやると言っているのに
なんでサラ金から借りることになったのかが、非常に気になります。
結局、貸せるだけのお金なんて最初から持ってなかったんじゃないかと
思わざるをえません。
というか、月に100万円稼いでいるというのも普通に嘘っぽいです。

今回注目したいところは、勧誘者3名にも処分が出ていることです。
マルチ商法は、違反すれば会社だけでなく個人にも処分が出ます。
今参加している人は、この機会に関連法律を勉強して
社会に迷惑をかけないよう注意すべきです。

心理 Nasrin on 2007年3月11日

人と同調するとき、非難するとき

人を攻撃するとき、非難するとき

インターネットでは掲示板やblogが流行っていて、
誰でも意見を書き込むことができます。
それがいいところでもあるんですが、時にそれが悪く働くことがあります。

大手の掲示板サイト(大手小町、Yahoo!、gooなど)なんかを見ていると、
非常に有効な意見交換をしている人たちもいれば、
悪口ばかり言っていたり、人を非難する人もいます。
なぜこのように、人によって違いがでるんでしょうか。

もちろん、人の性格もありますので、否定ばかりする人や
肯定ばかりする人もいます。しかし、それだけで書き込みした人の
傾向を想像するのはあまりよくないかもしれません。

「態度の類似性」

人は自分と同じ意見の人に好意を持ちます。
反対に、自分と違う意見を持つ人には、あまりよくない印象を持ちます。
さて。なんでこんな意見の違いだけで好き嫌いがでるのでしょうか。

自分が正しいと思っている意見を他人の意見と比較することで
“自分が正しい”ということを確認したい、という気持ちから
このような行動に出ているのではないでしょうか。

心理学では、この考え方を「社会比較過程理論」と言うようです。

会議等で、自分の意見を否定されてカッとなってしまう人も
いるようです。まさに上記の考え方に合ってますね。

掲示板の例に戻ると、自分の意見とは違う人にだけ噛み付く書き込みが
多いのではないでしょうか。逆に、自分と同じ意見の人に
噛み付く書き込みはほとんど見当たりませんね。

さらに、実際に会っては言えないけど、インターネットという
匿名性を利用することで、自由に悪口や非難を書き込みやすいという
背景もあると思います。

他の例では、若い人だとコンパに行って気の合う人とは番号やメアド交換したり
そのまま付き合うことになったりしますね。
逆に自分とは意見が合わなかったり気が合わなかったりした人とは、
あまりその後も連絡を取ってないことが多いんじゃないでしょうか。

まぁそんなこんなで、このサイトにも掲示板を設置するかどうか
いまだに迷っています。あったらあったで楽しいんだろうけど。
というか、今日は悪徳商法とか勧誘とかはあまり関係ありませんね。

心理 Nasrin on 2007年3月4日

外見を大切にしよう

最近おしゃれしなくなってしまいましたが、ちょっとは外見も気にしようと思い直しました。
外見とは言っても、顔とかじゃなくて服装や身だしなみのことですよ。

なんでこんなことを言うのかと言いますと、久々に社会心理学の本を読み直したんですね。
そしたら、”外見が評価と結びついている”という記述を見つけたんです。
外見が人の評価を決めてしまうなんて、ちょっと考えにくいなぁと思ってたんですが、
思い返してみるとそうでもないような気がしてきました。

次の人は、評価は高いんだけどちょっと外見がアレなのでそんな風に見えない例。

  • 万波医師:会見時のあの服装はないと思う。
  • 川内康範:あの耳毛だけはなんとかした方がいいと思う。

次は、評価はそんなに高くないけど外見がいいのでよく見える例。

  • バッチリいいスーツを着こなしているけど、仕事が遅い人。
  • マルチ商法にはまってる人。

 ※すんません。具体例が出てきません。

他にもいろんな人が思いつくと思います。
外見をよくすることで、知らない人から”地位・能力・幸福”があると思われるんです。
これをもっと早くに認識しておけば、もっと私の評価が上がってたのかと思うと
ちょっとテンション下がります…

企業の採用面接等で第一印象のウエイトが大きいのは、このせいかもしれませんね。
逆に、転職したい場合なんかだと、このことに気をつけていれば、あとは本当に
実力があれば自分の狙い通りになりそうな気がします。

みなさんにも、外見で損したことや得したことがあるんじゃないでしょうか?


Sitemap