Feed on Posts or Comments

Category Archive勧誘



悪徳商法 & 心理 & 勧誘 Nasrin on 2007年4月24日

学歴汚染と権威

最近忙しかったのでほとんど更新できてませんでした。
ま、月に3回更新できたらよしとしておこうと思ってます。

ところで、今アツイのはやっぱりこの話題でしょうか。
学歴汚染、ディプロマミル、ディグリーミル。
一体何の話?って思った人は、とりあえず上記単語でインターネットを検索してみてください。
まぁ簡単に言うと、金だして学位を買う商法のことです。

イオンド大学という組織があります。初めて聞かれる方も多いと思います。
なぜ組織という単語を使ったかって?
そりゃあ、名前が大学なだけで単なる株式会社だからです。
他にもたくさんあるかもしれませんが、この組織がいろんな意味で今有名です。
というか、この組織のサイト、デザインの時点で学校とは思えません。
素人ががんばって作ったんですね。そんなに金ないんですかね。
人を批判する記事を載せるあたり、普通の組織じゃないですね。

で、とにかくどういうこと?ってことですが、
金出して学位をもらえるならちょっと嬉しいのですが、その学位を使うこと自体が
犯罪になってしまう、ということなんです。
文部科学省の認可を受けた学校法人から受けた学位なら問題ないのですが、
株式会社からもらった学位は、認められないんですね。
まぁ、普通に考えたら当たりまえなんですが…

でも、なぜこんなことがまかり通っているのか?
それはそんな組織からでも、学位(権威)をもらえることが嬉しいからなんです。
グレートサスケさんは、辞退したみたいですけどね。

以前にも書いたような気がしますが、人は権威というものに弱い生き物です。
教授、先生、医師、社長。こんな肩書きを持つ人の言うことは、調べることもせずに
信じてしまうのが人間です。
今まで地道にがんばってきた人が、こんな話に食いついてしまうのは仕方ないのかもしれません。
そしてその肩書きを使って、自らの地位を高めて有名になっていく。
こんなことを考えるだけで、ウキウキする人は多いかもしれませんね。

逆に、その金で買った学位を信じてしまう人が出てくると、まぁいろいろとややこしいですね。
せっかく地位が高いと信じていた人が、実は普通の人なんですから(笑)
しかし、現状ではこんなことも起こり得るので、恐ろしいことこの上ないです。

こんなことにならないためにも、やっぱり”自分で調べる”ことが重要になってきますね。
みなさんが信じている権威がある人も、実は普通の人かもしれませんよ。

勧誘 Nasrin on 2007年4月22日

掲示板を設置しました

今日はお知らせだけです。
特に書くことがなかったからとか、そんなことはありえません。きっと。

タイトル通りですが、掲示板を設置しました。
http://www.nasrinpress.info/smf/

前に使用していた掲示板は、ちょっとした不具合のせいでわけわからんことになってました。
なので、今回はちょっとだけ高機能でセキュリティ向上なのを設置しました。
利便性と安全性は反比例するので、若干使いにくい面もあるかもしれません。
分からない点があれば、遠慮なく私までご連絡ください。

悪徳商法 & 心理 & 勧誘 Nasrin on 2007年4月1日

コントラスト効果

突然ですが、高い服を買った時に同時に小物類をよく買ってしまう人はいませんか?

私はあまりそういう経験はないのですが、そういう話をよく聞きます。
友達に聞いてもあまりそういう人はいません。
実はそんなことってあまりないような気がしています。

なんでこんなことを聞いているかというと、洋服や不動産の営業では
コントラスト効果というものをうまく使って、売り上げを上げているそうです。

コントラスト効果を使っている例には、こんな場合があります。

  • 高い価格のものを買う際に、安い小物類が非常に安く見えて買ってしまう
  • 印象の良くない家を先に見た後で、理想の家を見て買ってしまう

上の例でも分かるように、高い買い物をした後は少々高くてもいろいろな
オプション品を買ってしまう傾向にあります。(安く見える)
また、良くないものを見た後に少しでも良いものを見ると買ってしまうという
傾向もあります。(良いものに見える)

悪徳商法では、商品等を2つ以上見せることはあまりないですが、
金額は必ず2つ以上提示します。

  • 本当は60万円するけど、本日に限り20万円でお買い上げいただけます!
  • 総額は30万円ですけど、1日単位ではコーヒー1杯分だけですよ!

こう言われることで、必要以上にその商品等を安いものと感じてしまいます。
実際にはその商品に価値がなかったり、本当は欲しくないものでも
気がつけば買っていた、なんてこともあり得ます。

とここまで書いて思ったんですが、本当にこの効果がすごいのかどうか
微妙に怪しいです。特にしぶちんの関西人には。

ケチな人って、何言われてもちゃんと総額がいくらか計算したり
部分部分をちゃんと見て判断する人が多いです。
なので、あまり私の周りにないのはこのせいじゃないかと思います。

逆に「そういう経験あるある!」って人は、どんな感じだったのか
ちょっとだけ具体例を教えていただければ嬉しいです。

悪徳商法 & 勧誘 Nasrin on 2007年3月21日

マルチ商法会社の処分

とあるマルチ商法の会社に行政処分が下されました。http://www.meti.go.jp/press/20070320003/shobun-set.pdf
↑経済産業省サイト内のpdfファイルです。

主な内容は以下の通りです。

  • 嘘をついた勧誘(誰でも100万円稼げるとか)
  • 勧誘目的を隠した勧誘(何で呼び出したか言わない)
  • 適合性違反(サラ金から無理やり借金させる)
  • 書面不交付(契約書面を渡さない)

まぁ昔から誰でも稼げるなんて言われてるわけですが、
実際に稼げてる人は何人いるんでしょうね。
それを明確にしない限り、マルチの未来は暗いと思います。
公開したところで明るくなる要素が少ない以上、
今よりイメージがよくなることはないとは思いますが…

また、サラ金から無理やり借金させているところは、
非常に悪質ですね。事例4では、勧誘者がお金を貸してやると言っているのに
なんでサラ金から借りることになったのかが、非常に気になります。
結局、貸せるだけのお金なんて最初から持ってなかったんじゃないかと
思わざるをえません。
というか、月に100万円稼いでいるというのも普通に嘘っぽいです。

今回注目したいところは、勧誘者3名にも処分が出ていることです。
マルチ商法は、違反すれば会社だけでなく個人にも処分が出ます。
今参加している人は、この機会に関連法律を勉強して
社会に迷惑をかけないよう注意すべきです。

心理 & 勧誘 Nasrin on 2007年2月25日

好意のお返しをしようとする気持ち

最近になって少し寒い日が増えてきましたね。
これが本当の冬なんでしょうけど、私なんて冬は嫌いですから、
もうちょっと暖かくてもいいのになんて思ってしまいます。

ところで、みなさんは何かいいことをされた時、どのような行動をとるでしょうか?
ありがとうと言って感謝の意を伝えたり、逆にお返しをしたりするのではないでしょうか。
まぁたまに、余計なことを!キィー!! みたいに言う人もいますけどね…

相手から好意を受けた場合に、 それを何らかの形でお返ししようとするのは
とても自然なことです。時間の経過は関係なく、少し時間が経った後でも
その行動にはあまり変化がありません。

このことは、心理学では「好意の返報性」と言われています。
重要なのは、好意を受けた際に自発的にお返しをしようとするのではなく、
無意識のうちにお返しをしようとする点です。

例えば、近所の人からいいものをもらったら、何かお返しをしようと自然に思いませんか?
実際にお返しをするのではなく、お返しをしないといけない、お返しをしたいと
思うことがポイントです。

ビジネス例では、本来有料であるサービスを無料でサービスします、という
チラシやwebを準備して宣伝することで、好意を受けたと感じることが多いそうです。
こうすることで、無料サービスを受けた後に本来の販売したい物やサービスを
紹介すると購入してくれる率が上がるそうです。
うん。気持ちは分かりますね。
タダでサービスを受けて、何もせずに帰るのってちょっと抵抗あります。

新聞勧誘でも、この手法は使われていますね。
勧誘員は大抵、洗剤やチケットを先に無料でプレゼントしてから
「新聞とってよ~」となるわけです。
実際に新聞契約してくれる率が上がっているかどうかは不明ですが…

身近にこんな例はたくさんあると思います。
みなさんにも、好意の返報性を感じた体験はありませんか?

Next Page »


Sitemap