Feed on Posts or Comments

心理 Nasrin on 2007年3月11日 09:44 pm

人と同調するとき、非難するとき

人を攻撃するとき、非難するとき

インターネットでは掲示板やblogが流行っていて、
誰でも意見を書き込むことができます。
それがいいところでもあるんですが、時にそれが悪く働くことがあります。

大手の掲示板サイト(大手小町、Yahoo!、gooなど)なんかを見ていると、
非常に有効な意見交換をしている人たちもいれば、
悪口ばかり言っていたり、人を非難する人もいます。
なぜこのように、人によって違いがでるんでしょうか。

もちろん、人の性格もありますので、否定ばかりする人や
肯定ばかりする人もいます。しかし、それだけで書き込みした人の
傾向を想像するのはあまりよくないかもしれません。

「態度の類似性」

人は自分と同じ意見の人に好意を持ちます。
反対に、自分と違う意見を持つ人には、あまりよくない印象を持ちます。
さて。なんでこんな意見の違いだけで好き嫌いがでるのでしょうか。

自分が正しいと思っている意見を他人の意見と比較することで
“自分が正しい”ということを確認したい、という気持ちから
このような行動に出ているのではないでしょうか。

心理学では、この考え方を「社会比較過程理論」と言うようです。

会議等で、自分の意見を否定されてカッとなってしまう人も
いるようです。まさに上記の考え方に合ってますね。

掲示板の例に戻ると、自分の意見とは違う人にだけ噛み付く書き込みが
多いのではないでしょうか。逆に、自分と同じ意見の人に
噛み付く書き込みはほとんど見当たりませんね。

さらに、実際に会っては言えないけど、インターネットという
匿名性を利用することで、自由に悪口や非難を書き込みやすいという
背景もあると思います。

他の例では、若い人だとコンパに行って気の合う人とは番号やメアド交換したり
そのまま付き合うことになったりしますね。
逆に自分とは意見が合わなかったり気が合わなかったりした人とは、
あまりその後も連絡を取ってないことが多いんじゃないでしょうか。

まぁそんなこんなで、このサイトにも掲示板を設置するかどうか
いまだに迷っています。あったらあったで楽しいんだろうけど。
というか、今日は悪徳商法とか勧誘とかはあまり関係ありませんね。

Trackback This Post | Subscribe to the comments through RSS Feed

Leave a Reply


Sitemap